本文へスキップ

家具の移動サービスって知ってる?

家具移動サービスってご存知ですか?

家の家具を、移動しなければならなくなったんですよ。

マンションに住んでるんですが、家族はかみさんと子供が一人。
これまではまだ子供が小さかったので、特に子供部屋は作らず、
子供も私達と一緒に寝かせていたんですが、そろそろ大きくなってきたので、
子供部屋を作ろうということになったんです。

ところがその部屋には、かみさんの婚礼家具3点セット、洋服ダンスに整理ダンス、
衣装ダンスがドンと置かれているわけなんです。
半分物置として使っていた部屋なんですが、子供部屋にするためには、
その家具を、別の部屋に移動しなければなりません。

これを初めは、私が自分で移動しようと思ったんです。
タンスも、引き出しを全部外してしまえば、重いとはいえ、移動できないこともないんですね。

それで部屋のドアのところまで引っ張りだしたはいいんですが、その先、廊下を曲がり込むところが、
どうしてもあと数センチというところで引っ掛かってしまいます。
元々引っ越しの時には、外から運び入れたものですから、できないはずはないんですが、
これがうまくいかないんですね。

それで自分でやるのはあきらめて、やはりこれはプロに頼まなければいけないと、
家具移動サービスにお願いすることにしました。
今は大手引越し業者や家具専門店が、家の家具を移動するサービスを提供しているんですね。


家具移動サービスに申し込み


ネットを調べてみると、家具移動サービスを提供しているのは、

  • アート引っ越しセンター
  • クロネコヤマト
  • 家具専門業者「組み立て君」
の3つでした。

それでそれぞれ料金を見てみたんですが、まずアート引越センターは、
ホームページに料金表が掲載されていません。
イチイチ電話して調べるのも面倒だったので、これはあきらめることにしました。

クロネコヤマトと組み立て君は、料金表も掲載されています。
うちの例に合わせて料金を計算してみたんですが、どうやらクロネコヤマトは、
組み立て君の倍の料金がかかるよう。

それで、組み立て君に依頼することに決めました。

ホームページの問い合わせ欄から見積もりを依頼しますと、料金が多少割増にはなるけれど、
翌日の対応もできるとのこと。
早いうちにやってしまいたかったので、それでお願いすることにしました。

組み立て君からは、「タンスの中の物は、すべて出しておくように」との指示がありました。

それからが大変です。

まずタンスがある部屋を片づけ、タンスを移動する予定の部屋に、タンスの置き場所を確保し、
タンスの中身をすべて空にする。

これだけの作業で、数時間を費やすことになってしまいました(汗)


業者が来た


さて移動の当日。

業者は、若い男性2人です。

まず2人でタンスをそのまま運び出そうとしたんですが、やはりサイズ的に、そのままでは無理のよう。
それで、分解作業が始まります。

家具専門業者ですから、分解作業は手慣れたもの。
タンスを上・中・下3つに分解、移動先の部屋へ持って行き、そこで組み立て。

丁寧な作業で、あっという間に終わりです。
料金も請求書通りで追加などはなく、気持よく作業が終わり、帰って行きました。

ただそれから、私達にはさらに作業が待っています。

タンスの中身を全部戻し、部屋を片づけ。
これも数時間がかかることになってしまいました。

ああ、疲れた(笑)